お気軽にコメントをいただければ幸いです。
by zouchan6
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
by zouchan6 | 2017-06-19 07:20 | 旅行 travelling | Comments(2)

ニューヨーク・アート紀行 7 メトロポリタン美術館 ⑤

ニューヨークなので洋画が続いてきましたが、メトロポリタン美術館には日本画・日本美術のコーナーもあります。
「メトロポリタン美術館の日本画」として有名なのは、尾形光琳「八橋図屏風」
b0327750_04172944.jpg

(画像はウィキペディアから)
昨年来日した、鈴木其一(すずききいつ)「朝顔図屏風」
・左隻
b0327750_04180392.jpg

(画像はウィキペディアから)
葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」
b0327750_04172998.jpg

(画像はウィキペディアから)
など、日本を代表すると言っても過言ではない美術品を所蔵しています。
訪問したに見た作品、まずは酒井抱一「桜図屏風」です。
・左隻
b0327750_04171641.jpg

・右隻
b0327750_04171541.jpg

(自ら撮影)
酒井抱一は鈴木其一の師匠にあたります。
尾形光琳から遅れること103年後に神田で生まれた酒井抱一は、光琳に心酔し「光琳を再興しよう」と江戸琳派を立ち上げます。
まず、通常は群生していることが多い桜の木を、右隻と左隻で1本ずつ描いているところに抱一の独特な構図感覚を感じます。
1本1本の樹の存在感は、さながら唯我独尊な武士を見ているかのようです。
そして、両隻、とりわけ右隻では、桜の根幹である幹の下部をあえて描いていないところに、抱一の斬新な空間感覚を見ます。幹をあえて描かないことで、樹の高さも感じます。

次に、俵屋宗達の絵、竹内俊治の文による「伊勢物語図色紙 うつの山」です。
b0327750_04171688.jpg

b0327750_04171746.jpg

(自ら撮影)
文は「駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人にあはぬなりけり」と書かれています。
恋歌です。
俵屋宗達といえば、言わずと知れた「風神雷神図」でしょう。
b0327750_04235714.jpg



(画像はウィキペディアから)
「風神雷神図」の構図の大胆さ、立体感が、「うつの山」にも生かされています。
「うつの山」、現在では、静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷と藤枝市岡部町岡部坂下の境にある宇津ノ谷峠を指すようです。
伊勢物語の該当箇所を引用します。
「宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つたかへでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者すぎゃうじゃあひたり。「かかる道はいかでかいまする」といふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。
 駿河なる宇津の山べのうつゝにも夢にも人にあはぬなりけり」

・歌川広重「東海道 廿二 五十三次 岡部 宇津の山」
b0327750_04253784.jpg

(画像はウィキペディアから)

次は、長沢蘆雪「雪狗子図襖」です。
b0327750_04171518.jpg

(自ら撮影)
長沢蘆雪、2月に「2017年 おすすめ展覧会・美術館②」で紹介しました。江戸時代の絵師で、円山応挙の弟子に当たります。応挙のダイナミズムさを発展させた、個性的な画風と動物の可愛らしさが特徴です。
「雪狗子図襖」は、ほとんど何も描かれていないかのような襖に、左上に峰、右下に仔犬達が薄く描かれています。
「何も描かれていない」のは、決して何も描こうとしていないのではなく、雪を描いたものと思われます。
長谷川等伯の「松林図屏風」に似た、空気感です。
そして、この絵を独特で魅力的にしているのは、なんと言っても雪ではしゃぐ仔犬達の嬉しそうな様子でしょう。
b0327750_04263871.jpg

b0327750_04272242.jpg

(自ら撮影)
最小限の線で描いているからこそ、仔犬達の存在感の強さを感じられます。「余分な物を描かず、必要最小限に描くことでモチーフを最大限に強調する」水墨画の醍醐味を分かりやすく学ぶことができる作品です。

置かれているのは古い絵画だけではありません。
千住博さんによる「水神宮」
b0327750_04171279.jpg

b0327750_04171423.jpg

(自ら撮影)
イサムノグチ「水石」

b0327750_04171086.jpg

(自ら撮影)

三代目徳田八十吉による「輪花」
b0327750_04171130.jpg

(自ら撮影)
と、現代美術もあります。
また、最近は運慶展、快慶展と仏像ブームですが、奈良国立江戸時代の仏師、木喰上人による不動明王
b0327750_04171827.jpg

(自ら撮影)
院湛による地蔵菩薩立像
b0327750_04290087.jpg

b0327750_04290077.jpg

(自ら撮影)
もあります。
西洋美術に比べると大きなコーナーではありませんが、ニューヨークのマンハッタンの中心部で日本美術のエッセンスを感じることができる貴重な一角です。
b0327750_04424740.jpg
b0327750_04424740.jpg


[PR]
by zouchan6 | 2017-06-17 04:29 | 旅行 travelling | Comments(0)